にわかに議論が盛り上がってきた水道事業の民営化、各国の状況について調べてみた




世界的に見れば水道事業の民営化は珍しくなく、古今東西様々なデータと議論が存在する。ヨーロッパの多くの国では水道は民間事業から始まっている。後発工業国の日本では水道は初めから公共事業だったので今まで気にしてなかったのだなという印象を受けた。

しかし民営化するべきか、公共事業とするべきかは議論が分かれている。民営化によって投資が活性化され、水道網が広がるという意見もあり、マニラ(フィリピン)、グアヤキル(エクアドル)、ブカレスト(ルーマニア)、コロンビア、モロッコ、コートジボワール、セネガルなどでは実際に成功している。

一方水道事業の民営化は水道料金の値上げにつながり、公共の利益よりも運営主体の利益が優先されるようになるという指摘もある。水資源を私企業にゆだねるのは人間の持つ水に対する権利を侵害するものだという主張も存在する。コチャバンバ(ボリビア)、ダルエスサラーム(タンザニア)、ジャカルタ、ベルリンの民営化が失敗例として挙げられる。

続きを読む

もしもこの世から銃がなくなったら




もしもこの世から銃がなくなったら、というBBCの記事を紹介しようと思う。日本人ならば多くが銃は規制されてしかるべきと考えているのではないかと思う。すると結論としてはさして目新しいことも書いていないのだが、具体的な数字がおもしろかった。あと、忘れがちだが役に立っている点もある。以下は翻訳である。

続きを読む

グローバリズムの矛盾と保護主義のすすめ




グローバリズムを推し進めるとどの国も貿易黒字を求めるようになるところに問題がある気がする。結果的にどこかが借金をしながら需要を支えないと矛盾する。リーマンショック以前はアメリカが、それ以降は中国がその役割を担ったけど、このモデルが持続不可能だとするとやっぱり保護主義を取り入れて内需主導型の経済を確立する以外に打つ手がない。

東京に暮らす人や東京に本社を置く企業の払う税金は地方の公益のために使われているけど、東京の人はそのことについてほとんど文句を言わない。グローバリズムって言うのは、「同じ日本なんだしみんなで東北を助けよう」っていうような気持ちを地球規模で共有できるような状態じゃないと成立しない。EUでいうと、ドイツ人は血税を使ってスペインやギリシャを快く支援しなければならない。結局現在のグローバリズムは工業国の労働者と新興国の労働者を競争させているだけに過ぎない。新興国の生活の質は上がらないし工業国の内需は縮み、格差だけが広がる。

続きを読む

インターネットがもたらすイスラム教の宗教革命

Islamic_State_(IS)_insurgents,_Anbar_Province,_Iraq

インターネットがもたらすイスラム教の宗教革命

わたしはイスラム教にはカトリックからプロテスタントが分離したときのような宗教革命が必要だと漠然と思っていた。同じようなことを考えている人もきっと居るだろうとおもい検索をかけてみると面白いコラムがヒットしたので紹介してみようと思う。

2014年にマウント・アイダ大学の教授がハフィントンポストに寄せたコラム。著者は、過激派がコーランを誤解しているのではなく、コーランが無謬であるというイスラム教徒の共通認識が過激思想を生み出し、イスラム教の信用を落としているという立場に立っている。キリスト教でもやはりカトリックによる聖書の無謬性への固執がプロテスタントの分離を招いているのだから興味深い対比だ。

対比でいえば、著者はグーテンベルグの印刷機がキリスト教徒に与えた影響とインターネットがイスラム教徒に与えている影響を対比している。平たく言えば、今までは立派な指導者が解釈したコーランを信者に教え聞かせていたものが、現代では誰でも直接コーランを手にとる事が出来る。しかもコーランには確かに異教徒と戦えと書かれてしまっている、というわけだ。

ちなみに「イスラム主義者」というのは過激派もジハード主義者も含むし、暴力的でないひとも含む。以下は翻訳。

続きを読む

プロフィール

じょなさん

Author:じょなさん
元バックパッカーの引きこもり、世界に飛び出す引きこもり。当初は役立つ情報を、と思っていたんだけど自分の興味しか書けないね。

最新トラックバック

広告

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード