FC2ブログ

グローバリズムの矛盾と保護主義のすすめ




グローバリズムを推し進めるとどの国も貿易黒字を求めるようになるところに問題がある気がする。結果的にどこかが借金をしながら需要を支えないと矛盾する。リーマンショック以前はアメリカが、それ以降は中国がその役割を担ったけど、このモデルが持続不可能だとするとやっぱり保護主義を取り入れて内需主導型の経済を確立する以外に打つ手がない。

東京に暮らす人や東京に本社を置く企業の払う税金は地方の公益のために使われているけど、東京の人はそのことについてほとんど文句を言わない。グローバリズムって言うのは、「同じ日本なんだしみんなで東北を助けよう」っていうような気持ちを地球規模で共有できるような状態じゃないと成立しない。EUでいうと、ドイツ人は血税を使ってスペインやギリシャを快く支援しなければならない。結局現在のグローバリズムは工業国の労働者と新興国の労働者を競争させているだけに過ぎない。新興国の生活の質は上がらないし工業国の内需は縮み、格差だけが広がる。

広告

コメント

非公開コメント

プロフィール

じょなさん

Author:じょなさん
元バックパッカーの引きこもり、世界に飛び出す引きこもり。当初は役立つ情報を、と思っていたんだけど自分の興味しか書けないね。

最新トラックバック

広告

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード