FC2ブログ

大西泰斗先生の文法解説を整理




英語の文は5つの文型、すなわち基本5文型に大別できると習った。しかし最近はこの学習法はあまり推奨されていないらしい。今年度から始まったNHKのラジオ英会話でも大西泰斗先生はSVOだとかSVOCだとかいう言葉はほとんど使わずに文法の説明をしていた。私は旅に出て英語に興味を持った口なのでほとんど文法が分からぬ。せっかくなのでこの機に大西先生の文法解説を整理してみようと思う。

広告


先ずは基本5文型をおさらい


SV
SVC
SVO
SVOO
SVOC
S: 主語; V: 動詞; O: 目的語; C: 補語;

動詞に対する「何に」、「何を」が目的語、主語や目的語の性質を説明する語ならば補語である。例を挙げよう。

1) He teaches us English.
2) He teaches us very hard.
3) He teaches English for us.

1)では「usに」「Englishを」となるのでSVOO。
2)ではvery hardは「誰に」でも「何を」でもないのでSVO。veryはhardを修飾している。hardはteachesを修飾している。動詞を修飾するのは副詞である。

3)は1)と同じ意味だが、前置詞+名詞は修飾語になるのでSVOMとなる。修飾語は文型の分類要素から外れるのでSVOとなる。なぜ修飾語は文型の要素から外れるかと言うと、修飾語は語順を変えても文が崩れないから文型に影響しない。文全体を修飾する修飾語の場合は場所を変えても文の意味すら変わらない。このあたり日本語には全くない性質なのでわかりにくい。たとえば「彼は川で服を洗った」という日本語は名詞と助詞を膠着させておけば好き勝手に置き換えても意味は変わらない。「川で彼は服を洗った」「服を川で彼は洗った」。英語における文型構成要素ではそうはいかない。

4) He is a genius.
5) I considered him a genius.

4)はa geniusがHeを説明している、言い換えれば He = genius なのでa geniusは補語、すなわちSVCとなる。
5)でも同様にhimがgeniusなのでSVOCとなる。
2)はusとhardがイコールではないのでSVOOとSVOCの区別をつけることができる。



自動型、他動型


大西先生の言う自動型、他動型の形は、基本5文型でいう第一文型SVおよび第三文型SVOの形だ。自動型は目的語を必要としない、単なる動作である。一方で他動型は直後に目的語としての名詞を必要とする。すなわち、
I look.
は成り立つが、
I see.
の場合、他動詞seeは目的語を必要とする(seeには自動詞もあるが・・・)。
I see them.
I can see them.
とすると、これがSVOとなり。SVOはイコール他動型となる。

一方の
I look.
はSVだがこの状態で耳にすることは稀だ。実用的な例を挙げてみよう。
I looked at the sky.
at the skyは前置詞句だ。この前置詞句は動詞lookを修飾しているので副詞句としての働きをもつ(名詞を修飾するのが形容詞、名詞以外を修飾するのが副詞だ)。なんにせよ修飾語は文型に影響しないので、
I looked at the sky.
はSVという文型になり、これは自動型である。

大西先生の分類は従来の第一文型、第三文型の分類法となんら変わらないが、自動詞、他動詞が文型を支配しているという点を強調する。自動詞は自己完結する単なる動作、他動詞は「何に」どうする、「何を」どうするという目的語を必要とする動詞である。lookは目を向けるだけだが、seeは特定の何かを見なければならない。

I arrived in Houston last night.

arriveは単なる動作。in Houstonは前置詞句、前置詞句は形容詞句か副詞句のどちらかであり、ここでは動詞を修飾する副詞句だ。それが証拠にin Houstonを文頭に持ってきてしまうと意味がかわる。last nightは文全体を修飾する副詞句だ。すなわち文頭に持ってきても意味は変わらない。これはSVの形、大西流にいえば自動型の文。

I got to Houston.

getは他動詞と自動詞がある。他動詞getは動いていって手に入れるという意味がある。対象のものに働きかける。自動詞だと、ただ到達する、という意味。get toだとAからBへ向かう動きが強調される。get toの方が耳にすることが多いがget atという言い方もある。なんにせよto Houstonは副詞句なのでこれはSVの形、自動型だ。

I reached Houston.

こちらは他動型。他動詞reachの後ろには目的語としての名詞が必要。reachは手を伸ばして何かをつかむ。なので、力が対象物に直接及ぶ動詞。SVOの他動型となる。

My dad runs this restaurant.

他動型。runの力がthis restaurantに及んでいる。レストランを走らせるという意味。runには他動詞と自動詞がある。

He runs fast.

自動型、SVの形。動詞の後ろに名詞ではない形。この場合fastは動詞runを修飾する副詞。

I read an interesting book.

他動型。

My parents love me.
動詞+代名詞の他動型。他動型で代名詞をとる場合、代名詞は目的格になる。これはある程度学習している人なら無意識に感覚的にわかるだろう。



説明型


He is an engineer.
主語を説明語句で説明する形。これは従来の分類でいくと第二文型のSVCとなる。ここでは名詞が説明語として用いられる。「彼」は「たくさんいるエンジニアのなかの一人」という説明。

He is at the station.
説明型。at the station 前置詞句。前置詞句は形容詞句(名詞を修飾する)か副詞句(名詞以外、または文全体を修飾する)に分類される。この場合はat the stationはHeを修飾する形容詞句。要するに形容詞であり、
He is happy.
He is tall.
となんら変わりが無い。補語になれるのは名詞句か形容詞句に限られる。前置詞句が形容詞句なのか副詞句なのかを区別できないという意見もあるかもしれないが、まずはbe動詞の直後にある前置詞句は間違いなく主語を修飾する形容詞句である。

You look really happy today.

説明型の一種、オーバーラッピング。このオーバーラッピングという語は大西先生の独自の表現。
You are really happy.
とほとんど同じだが、意味のないbe動詞ではなく、lookという意味のある動詞が用いられる。逆に言えば動詞をbe動詞に置き換えても意味が通るものはオーバーラッピングであり、説明型である。

My mother became famous.

こちらも同様にオーバーラッピング。オーバーラッピングにはlook, sound, become, stayなどが用いられる。そもそも説明型に使用される動詞は限定されている。


進行形(説明型)
従来の基本文型では進行形を第二文型(SVC)とはみなさない。たとえばbe playingならばbe playingを動詞として扱いそれぞれの文型に振り分けていた。しかし大西先生は進行形を全て説明型(SVC)として扱う。

I'm getting hungry.

進行形。主語を動詞ingで説明する説明型。私はお腹が空きつつあるという意味になる。動詞はbeでgettingは分詞、すなわち動詞的側面を持つ形容詞である。hungryがgettingの目的語となる(ちなみに純粋な形容詞ならば目的語を必要としない)。

He was attacked by a dog.

受動態。これも説明型。attackedは動詞的側面を持つ形容詞。by a dogはattackedを修飾する副詞。


授与型


2つの目的語を並べるのが授与型。すなわちSVOOの第四文型。

He gave me a book.

「何に」、「何を」という2つの目的語をとる。

The science homework took me three hours.
科学の宿題は3時間かかる

takeなどの動詞では意味の上で「授与」というイメージとは異なるが、文型としては授与型。いわばマイナスの意味の授与型。


受け手を強調する授与型

He gave a book to me.

これは従来の分類では第三文型といわれていたSVOだ。to meは前置詞+名詞なので修飾語であり、形容詞句か副詞句になる。この場合は動詞gaveを修飾する副詞句である。大西先生はこれも授与型に分類する。
He gave me a book.

He gave a book to me.
も同じ授与型であり、後者は受け手を強調する授与型とする。以下も受け手を強調する授与型の例である。

My grandmother gave it to me when I was five.
Did she read the book to you?

これらはSVOOの形、すなわち普通の授与型に書き換え可能である。


目的語説明型


Everyone considered him a genius.

第五文型、SVOCと呼ばれていた文型である。himイコールgeniusが成り立つ。すなわち、consideredの目的語であるhimをgeniusという補語で説明する。SVCにも言えることだが補語になれるのは名詞か形容詞の働きを持つ語、句に限られる。

ここを理解するには一度SVC、すなわち説明型を復習するのがいい。「誰かがSVCを言った」「何かがSVCをした」「誰かにSVCをさせた」という形が目的語説明型になる。
Her dog is John. (SVC)
彼女の犬はジョンである。
She call her dog John. (SVOC)
彼女は彼女の犬をジョンと呼んでいる、というわけである。

I'd like my coffee black please.

目的語の後ろに並べることができるのは名詞に限らない。ここでは形容詞が用いられている

Did you feel the building shake last night?

まずlast nightは文全体を修飾する副詞なので無視する。そして目的語the buildingの後ろに動詞の原形。これは原形不定詞であり、不定詞の一種。不定詞にはto不定詞と原形不定詞の2種がある。不定詞はまた分詞、動名詞とともに準動詞の一種である。不定詞は名詞、形容詞、副詞など他の品詞の働きをする。補語に原形不定詞が用いられる構文は使役構文や知覚構文に限られる。つまりmake, let, feelなどが動詞に使われる場合だ。

I saw her heading for the coffee machine just a few moments ago.

目的語herの後ろにING形。目的語説明型は動詞原形やING形を伴って知覚構文をつくる。
I saw her head for the coffee machine.
でもよいが、動きのある描写ならばING形の方がしっくりくる。原形不定詞を使うかING形を使うかは多くの場合どちらでもよいが、場合によってどちらかに絞られる。

I saw her entering the building.

この点で大西先生が進行形を説明型、SVCとして扱った点に意味が出てくる。
A bird is flying. (SVC)
I saw a bird flying. (SVOC)
実のところSVOCのCの部分は名詞だったり、原形不定詞だったり、to不定詞だったり、現在分詞だったり過去分詞だったりするので複雑怪奇だ。しかし動詞以降をSVCの説明型に分解すれば補語の形がどうあるべきかを判断しやすい。
I like my coffee black.
I like my egg fried.
ということだ。


目的語説明型 - 使役構文
You can't make him do that.

makeは相手に強制するという強いニュアンス。

I had the doctor look at it.

使役構文。haveは動作を伴わない。医者がそれを見るという状況を経験した、という意味。

I had my students write an essay about their holidays.

ここでmakeを使うとまるで生徒が嫌がっているみたいにな印象になる。使役のhaveは上の立場の者が下のものに何かをさせるというような無理のない状況で使われる。

I let them write about any topic.

letの使役構文も原形不定詞。ここでは上の例文とつながって生徒たちはどう転んでも作文を書かなければならないので、「好きに書かせた」という意味をもっているが、letは本来know, hear, seeといった知覚に関するものに用いられることが多いようだ。つまり使役とはいっても「干渉しないで好きにさせておく」という意味を持っている。let'sはlet usの略。
Let's go.
Let's order pizza.
このgo, orderも原形不定詞。letが原形不定詞を取ることは多くの人が感覚的にわかっているはずだ。ここから広げて使役は原形不定詞を取ると決め打ちしても大きく誤らないが、例外は以下だ。

I'll ask my dad to give me a ride.

askは積極的に働きかけるタイプの動詞。押していくタイプの動詞。目的語をto以下の行動に押していく。ask, getは使役動詞だがmake, haveのような原形不定詞ではなくto不定詞を取る。
I made him do the job.
I had him do the job.
I ask him to do the job.
I get him to do the job.
こういうこと。to不定詞を取るSVOCはごくありふれた表現だが、使役表現という点で例外だ。特に気にしなくてもいいのかもしれない。

また、helpは使役動詞ではないが原形不定詞を取る。

I helped him do the job.

かつては
I helped him to do the job.
が一般的だったが、最近はどちらでもよい、あるいは原形不定詞を用いるべきという流れのようだ。


目的語説明型 SVO + to不定詞
この形は非常に多い。これこそが目的語説明型の基本であり、今までに順番に上げたタイプの方が特殊だ。

My parents want you to stay with us.

to不定詞の意味は矢印、目的語が矢印方向に動いていくイメージ。youがstay with usに動く、それを欲するというイメージ。必要とするならneed、期待するならexpect
My parents need you to stay with us.
My parents expect you to stay with us.
ということ。

My parents won't allow me to have a part time job.
目的語説明型の目的語+to不定詞パターンはこれからのことを話すのでallow, permitと相性がいい

目的語説明型をまとめよう
I call my dog john. SVO+名詞
I found him a genius. SVO+形容詞
I saw a bird flying. SVO+現在分子
I like my egg fried. SVO+過去分詞
I play the piano on the stage. SVO+前置詞句(形容詞句として働くタイプの前置詞句)
I made him do the job. SVO+原形不定詞(使役構文でしか見ない。)
I want you to stay with me. SVO+to不定詞

このなかでSVO+to不定詞は一番自然に感じることだろう。2番目以降の3つに関してはto beを挿入しても破綻しない。
I found him (to be) a genius.
I saw a bird (to be) flying.
I like my egg (to be) fried.
やはりSVO + to不定詞が目的語説明型の基本なのだろう。

コメント

非公開コメント

プロフィール

じょなさん

Author:じょなさん
元バックパッカーの引きこもり、世界に飛び出す引きこもり。当初は役立つ情報を、と思っていたんだけど自分の興味しか書けないね。

最新トラックバック

広告

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード