FC2ブログ

インド映画の世界進出



日本ではまったく公開されないインド映画だが着実に世界の映画産業を牛耳りつつある。インドには財閥臭い組織が結構あって、その中でも映画産業に携わっているリライアンスADAグループがハリウッドのドリームワークスの株式の50パーセントを取得している。

スピルバーグの映画にミュージカルが執拗に織り込まれなんてことは無いだろうけど、逆にインド映画からミュージカルが消えつつある。最近は海外向けというジャンルをつくりはじめてる嫌いがあって、だからこそ外国人の目に付き易い映画からミュージカルが消えてキスシーンに置き換えられる。あのミュージカルはキスシーンだったんだな、と改めて思うわけだがやはりなんか寂しい。

インド映画三種の神器といえばミュージカル、ずぶ濡れヒロイン、スイスロケ。ずぶ濡れヒロインだけは健在。インド人の美意識なのだろう。

映像は、なぜか世界中のピンポイントに絶大な人気を誇るdaler mehndiが歌うrang de basanti。映画Rang de basantiより。(キスシーンはありません)

下にスイスロケとずぶ濡れミュージカルを隠しておきます。

広告

*  *  *


Asoka より Raat Ka Nasha




Hum Tum より ladki kyon



『ヨーロッパ』イコール『スイス』が誤りだということにようやく気がついたのでしょうか。

コメント

非公開コメント

プロフィール

じょなさん

Author:じょなさん
元バックパッカーの引きこもり、世界に飛び出す引きこもり。当初は役立つ情報を、と思っていたんだけど自分の興味しか書けないね。

最新トラックバック

広告

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード