FC2ブログ

WikiLeaks: ファイザーはナイジェリアとの疑惑の姦計を否定 (翻訳)

背は二対素


http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-11971805

メリカの製薬会社大手ファイザーは、ナイジェリア前法務長官の汚職の証拠をつかませるために調査員を雇ったとする報告を「ばかげた話」と切り捨てた。

メリカの公電記録からは、ファイザーがマイケル・アオンドアカアに「圧力」をかけたがっていたことが伺える。

1996年、骨髄炎新薬の治験で、ファイザーは否定しているものの、11人の子どもが死亡したと伝えられている。ファイザーはナイジェリアのカノ州政府に7500万ドルを超える和解金を支払ったが、なお数十名の子どもたちは不自由な生活を強いられたままだという。

和解金は連邦政府との交渉の末に決定したもので、合意に向けた手順は適切に行われた」ガーディアン紙から公電記録がリークされるとファイザーは声明を発表した。

電記録には、アメリカ大使館員とナイジェリアのファイザーのトップ、エンリコ・リゲリとの間で交わされた会話が引用されている。そこでは2009年4月9日にアメリカの官僚とリゲリとの間で開かれた会議に言及している。

リゲリに拠れば、ファイザーは法務長官マイケル・アオンドアカアに関する汚職を調査するため調査員を雇い、圧力をかけて訴訟を取り下げさせた」内部告発サイト、WikiLeaksが公開している。「彼が言うには、ファイザーの調査員は得た情報を地元メディアにリークしていた」

ンドアカアは今年4月に、ナイジェリア大統領グッドラック・ジョナサンによって法務大臣の職を解かれている。

広告

コメント

非公開コメント

プロフィール

じょなさん

Author:じょなさん
元バックパッカーの引きこもり、世界に飛び出す引きこもり。当初は役立つ情報を、と思っていたんだけど自分の興味しか書けないね。

最新トラックバック

広告

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード