FC2ブログ

色の三原色と光の三原色の違いをできるだけシンプルに




原色は赤、緑、青(RGB)なの? それともシアン、マゼンダ、黄色(CMYK)なの? という話。これは検索すればいくらでもでてくるんだけど、概ね詳細に説明しすぎる。もっと簡単に説明できるんじゃないかと思ってこの記事を書き始めた。

広告




三原色は赤、緑、青。なんでこれが三原色かというと、人間の目がそもそも赤と青と緑しか認識できない。網膜には赤のセンサーと、青のセンサーと、緑のセンサーしかない。だからその3色があれば、人間の目に見える全ての色を表現できる。というか、厳密に言えば人間にとっての色はこの三色しか存在しない。

真っ暗闇では全てのセンサーがオフの状態。「真っ暗闇で」という部分が重要なのだが、黒のなかに赤い光が灯ると、網膜の赤のセンサーがスイッチオンになって赤が見える。真っ暗闇で赤の光と緑の光が重なると黄色になる。真っ暗闇で緑の光と青の光が重なると空色になる。この空色というのはシアンだ。赤い光と青い光が重なるとマゼンダ(赤紫)になる。真っ暗闇で赤、緑、青の3つの光が重なると白になる。

つまり黒の状態では人間の三つの色認識センサー(赤、緑、青)は全てオフ。黒をベースに考えるのが原色であり、これが光の三原色。逆に白い状態、例えば真っ白の紙を見ている時はスイッチが全てオンになっている状態。赤、緑、青のセンサーは全てオンの状態。ここから引き算で、赤のスイッチをオフにすると、シアン(空色)になる。ほらね。これがシアン、マゼンダ、黄色のCMYK。

白い紙を目の前にして、人間が持っている色センサー3種(赤、緑、青)を、ひとつずつ操作するにはシアン、マゼンダ、黄色が必要。つまり赤だけをオフにするにはシアンが必要、緑だけをオフにするにはマゼンダが必要。青だけをオフにするには黄色が必要。だから、白い紙に絵の具で絵を描いたり、印刷したりする場合はCMYKが原色で、真っ黒なディスプレイに光で像を描くときは赤、緑、青が原色というわけ。

コメント

非公開コメント

プロフィール

じょなさん

Author:じょなさん
元バックパッカーの引きこもり、世界に飛び出す引きこもり。当初は役立つ情報を、と思っていたんだけど自分の興味しか書けないね。

最新トラックバック

広告

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード